=PR=

大豆イソフラボンで美肌をゲット

N612_daizutoomiso500大豆食品はとてもヘルシーで健康にも美容にもいいのは誰でも知っている。けど、大豆食品と美肌ってどのような関係があるのか知っていますか?

調べたところ、女性のなくてはならない物質ととても深い関係があったんです。

 

女性のなくてはならない物質とは女性ホルモンであるエストロゲンというものです。エストロゲンは卵胞ホルモンという女性ホルモンで、女性の卵巣で作られています。体を女性らしくする作用があります。

このエストロゲン、「美肌のホルモン」と言われています。それは何故か?

例を挙げてみましょう。

生理前はニキビができたり肌荒れしたりしていたけれど、生理後は肌の調子がいいし、化粧のノリもいい。

こんな経験はないでしょうか。

これ、実はエストロゲンの働きによるものなんです。

生理後の約10日間、このエストロゲンが大量に分泌されるんです。

エストロゲンは上記の作用のほかにもいろいろな働きを持っていて、その中の一つに肌を潤いのあるつややかな肌にするという美肌作用があるんです。

何故大豆?

エストロゲンは残念ながら生理後の約10日しか分泌されません

そこで登場するのが大豆です。

大豆の中に含まれる大豆イソフラボンという物質が、なんと美肌ホルモンであるエストロゲンと似た作用があるんです。

これならエストロゲンが分泌していない時期でも美肌効果が得ることができます。

摂り過ぎ注意

美肌効果があるからといって、大量に摂取するのは考えものです。

エストロゲンは大量に分泌されると、がんのリスクが高まるんです。

エストロゲンに似た作用をもつ大豆イソフラボンも同じなんです。こちらもがんのリスクが高くなってしまいます。

大豆イソフラボンの一日の摂取量は70~75mgと言われています。

納豆一パックに大豆イソフラボンは37mg入っています。

納豆にお味噌汁で十分な量なんです。

日々の食生活にほんの少し意識して取り入れるだけで美肌効果が期待できる大豆。

この機会に豆腐のはいったお味噌汁から始めませんか?

=PR=

コメントを残す